本文へ移動

委員会紹介

医療安全チーム

 医療安全管理委員会では、医療事故の発生を未然に防ぎ、患者さまが安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標として取組んでいます。
  <委員会の構成>
     診療局 看護部 検査技術科 薬剤科 放射線技術科
     リハビリテーション技術科 栄養管理科 事務部などから構成されています。
  <具体的な活動>
     1.インシデントレポート収集・分析・対策
     2.職員への教育、研修の実施

NST

 NST(Nutrition Support Team)とは職種の壁を越えて栄養サポートを実施する多職種の集団です。
 栄養サポートとは、基本的医療のひとつである栄養管理を、症例個々や多疾患治療に応じて適切に実施することです。
 NSTでの看護師の役割は、①カテーテルの管理、②栄養・食事のチェック、③身体測定 などがあります。中でも重要な役割は④患者の身体状況を確認し、正確な情報をチームにアドバイスすること、⑤患者家族に栄養状態の実情を把握してもらい、協力を得ることです。

緩和ケアチーム

 平成22年4月より外科医師を中心に、看護師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師・管理栄養士・理学療法士・相談員のメンバーで週1回カンファレンスを開催しています。
 常に患者さまとそのご家族に対して、早期から身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題をきちんと評価し、QOLの向上に努めるようにしています。
 入院中だけではなく、外来通院時にも関わっていけるようなチーム医療を目指しています。

褥瘡対策委員会

 メンバーは医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリ療法士、情報管理課職員です。
多職種で連携し、褥瘡の予防と治療など、褥瘡対策の推進と管理を行っています。褥瘡計画の立案と評価、褥瘡回診等で病棟スタッフと情報を共有し、効果的なケアの実践をしています。褥瘡治療目的で入院される患者さま、院内発生の患者さまに対し、早期治療と悪化防止対策を個々に検討し、また、新しい知識や技術を身につけ、効果的な対策の実践に向けてチームで活動しています。

感染対策リンクナース委員会

 感染対策リンクナースは、感染防止対策活動を病棟で実践するために、その部署のナースと密接な連携を担う役割を持っています。また、ICTと病棟看護師をリンクして(つなげて)います。
 委員会では、感染管理認定看護師が中心となって、勉強会や演習を行ったり、自部署の問題点提起・情報交換・解決策などを話し合います。
TOPへ戻る