本文へ移動

ボランティア活動について

病院ボランティアの会

平成21年5月25日、「がんばれ雲南病院市民の会」、「雲南病院を支えよう市民の会」の皆様のご協力の下、病院ボランティアの会(石川勝会長が設立されました。病院ボランティアの会の活動につきましては、病院周辺の草刈りなどの美化活動や、外来患者様の案内、車いす介助、花の展示など出来るところから行っていただくことにしています。
今後、病院ボランティアの会の皆様と病院スタッフとが、手と手を取り合いながら一緒に活動し、地域の皆さまに愛される病院を目指して行きたいと思っています。
 
なお、引き続き会員になっていただける方を募集しております。年齢や経験などは一切問いませんので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
【お問い合わせ】
雲南市立病院 総務課  TEL:0854-47-7532
がんばれ雲南病院市民の会 事務局 TEL:0854-43-2270
雲南病院を支えよう市民の会 事務局 TEL:0854-49-9431
【申込書】
下記の申込書をダウンロードして頂くか、病院に備えつけてあります申込書に必要事項を記入して頂き、ご提出ください。
 

「病院ボランティアの会だより」発行

平成21年5月、がんばれ雲南病院市民の会の皆様の呼びかけにより、「雲南病院ボランティアの会(石川 勝会長)」が発足されました。
当初は17名だった会員数も、H27年4月現在では46名にまで増え、幅広い活動をしていただいております。
今後は、定期的に「病院ボランティアの会だより」を発行し、ご紹介させていただきます。

下記リンク先よりPDFファイルをダウンロードしてご覧ください。

 

ボランティアの会 愛称「てごっ人」に決定

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2012-02-21
雲南市立病院ボランティアの会では、平成23年9~10月の間に愛称を募集したところ、16通応募がありました。
会員の皆さまで投票を行った結果、「てごっ人(と)」に決定しました。出雲地方の方言で、手伝うことを『てご』と言い、この愛称は『てご』という言葉を 使って手伝いをする人の意味から「てごっ人」としています。助っ人のように「人」を「と」と読ませる例もあり、方言で表現したもので信頼感や安心感が持て る愛称となりました。
12月21日のクリスマスコンサート開演前に、愛称決定の発表会を行い、発案者の方へ記念品を贈呈しました。
TOPへ戻る