雲南市立病院のホームページへようこそ!!

 

各診療科医師

 

内科

内科
 
 外来は松野医師、永瀬医師、笠医師、太田医師、服部医師の常勤5人で毎日診療しています。入院患者さんについては、週1回の内科回診で病棟をまわり、医師同士顔をつきあわせ、ホットなディスカッションで症例を検討しています。
 
 
特別顧問 服部 修三(ハットリ シュウゾウ)
【略歴】
1980年岡山大学医学部卒業
医学博士 
 
【有資格】
肝臓専門医、総合内科専門医、消化器病専門医、消化器病指導医、内科学会認定内科医 
 
【一言】
 患者さんへの全人的アプローチが出来るよう、日々努力、研鑽しています。
 内科疾患について、いつでもご相談ください。
 
診療科部長 松野 好男(マツノ ヨシオ)
【略歴】
信州大学医学部卒業
医学博士(一年間リサーチフェロー(10か月間は文部省在外研究員)としてハーバード大学留学。
 
【有資格】
内科学会認定内科医、循環器学会専門医
 
【一言】
東京から島根に帰郷しました。
微力ですが、一般内科及び循環器領域の診療に貢献したいと思います。
 
 
 
内科医長 永瀬 正樹(ナガセ マサキ)
【略歴】
2008年 久留米大学医学部卒業
 
【有資格】
救急科専門医、日本プライマリ・ケア連合学会家庭医専門医修練中
 
【一言】
地元、雲南に根ざした治療を行っていきます。よろしくお願いします。
 
内科医長 太田龍一(オオタ リュウイチ)
【略歴】
2010年 大阪市立大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立中部病院
2012~2015年 沖縄県南大東診療所所長
 
 
【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医/指導医、日本内科学会認定医、禁煙学会認定医
内科専門医習練中
 
 
【一言】
初めまして。地域総合診療科、内科医長、地域ケア科部長と兼任しています、太田龍一と言います。今年度、沖縄県から参りました。専門は内科を中心として家庭医療/プライマリケアです。小さなお子さんから、ご高齢の方々の医学的な問題に幅広く対応すべく、日々自己研鑽を行っております。どんな症状でもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応させて頂きます。
 
 
 
内科医長 笠 芳紀(リュウ ヨシノリ)
【略歴】
2010年 長崎大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立南部こども医療センター
2012~2014年 沖縄県立西表診療所所長

【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医(取得予定)、日本在宅医療学会専門医修練中
 
 
【一言】
地域総合診療科、内科医長、地域ケア科医長と兼任しています、笠芳紀と言います。
地域のセーフティネットとして求められる役割を果たしていきたいと思います!
 
 

地域総合診療科

地域総合診療科
 
 病院に来られて、どの科を受診してよいのか迷われたことはありませんか?患者さんが何に困っておられ、どのような病気があるか、適切に初期対応をするのが総合診療科の役割です。一般的には内科医が担当されている病院がほとんどですが、当院の総合診療科は外科医が中心となり、病気の診断だけでなく、その後の治療や」アフターケアも、各専門医と連携をとりながら行っているのが特徴です。通常の総合診療に比べて、外科医が関与していること、治療の幅の広さから、当地特有の医療提供体制ということも踏まえ、敢えて「地域」の冠をつけて標榜させて頂いております。
 現在は外科医4名に内科医3名が加わり、より幅の広い対応が可能となっています。 
 
院長 大谷 順(オオタニ ジュン)
【略歴】
1985年 島根大学医学部卒業
医学博士(岡山大学大学院医学研究科外科学第二講座)
 
【有資格】
日本外科学会指導医(外科指導医)、日本プライマリ・ケア学会認定医/指導医(総合診療指導医)、日本静脈経腸栄養学会指導医
 
【一言】
出雲弁を自由自在に操れる地元出身者です。何でもお気軽にご相談下さい。
 
副院長/診療局長 森脇 義弘(モリワキ ヨシヒロ)
【略歴】
1987年 横浜市立大学医学部卒業
医学博士(横浜市立大学大学院医学研究科外科学第二講座)
 
【有資格】
外科専門医/日本外科学会指導医、消化器外科専門医、日本消化器外科学会指導医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医/日本消化器内視鏡学会指導医、救急科専門医/日本救急医学会指導医、漢方専門医、日本プライマリ・ケア学会認定医
 
【一言】
何もないところですが、毎日が発見と驚きの連続で、新たなことを探しながら楽しく仕事をさせてもらっています。
 
内科医長 永瀬 正樹(ナガセ マサキ)
【略歴】
 2008年 久留米大学医学部卒業
 
【有資格】
救急科専門医、日本プライマリ・ケア連合学会家庭医専門医修練中
 
【一言】
地元、雲南に根ざした治療を行っていきます。よろしくお願いします。
 
外科医長 奥田 淳三(オクダ ジュンゾウ)
【略歴】
2008年 島根大学医学部卒業
 
【有資格】
日本プライマリ・ケア連合学会/家庭医療専門医修練中
 
【一言】
地域の皆様の安心な暮らしのために少しでも力になれればと思っています。 
 
 
外科医長 象谷 ひとみ(ゾウタニ ヒトミ)
【略歴】
2009年 島根大学医学部卒業
 
【有資格】
外科学会専門医修練中
 
【一言】
求められる医療を提供できるよう、色々な職種と協力しながら治療していきます。 
 
 
 
地域ケア科部長/健康管理センター副所長 太田龍一(オオタ リュウイチ)
【略歴】
2010年 大阪市立大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立中部病院
2012~2015年 沖縄県南大東診療所所長
 
 
【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医/指導医、日本内科学会認定医、禁煙学会認定医
内科専門医習練中
 
 
【一言】
初めまして。地域総合診療科、内科医長、地域ケア科部長と兼任しています、太田龍一と言います。今年度、沖縄県から参りました。専門は内科を中心として家庭医療/プライマリケアです。小さなお子さんから、ご高齢の方々の医学的な問題に幅広く対応すべく、日々自己研鑽を行っております。どんな症状でもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応させて頂きます。
 
 
 
地域総合診療科、内科医長、地域ケア科医長 笠 芳紀(リュウ ヨシノリ)
【略歴】
2010年 長崎大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立南部こども医療センター
2012~2014年 沖縄県立西表診療所所長

【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医、日本在宅医療学会専門医修練中
 
 
【一言】
地域総合診療科、内科医長、地域ケア科医長と兼任しています、笠芳紀と言います。
地域のセーフティネットとして求められる役割を果たしていきたいと思います!
 
   
( 2016-07-15 ・ 217KB )
 

外科

外科
 
 地域中核病院として、地域の皆さまのニーズに合わせた外科診療を行っています。一般外科が中心で、対象となる疾患は、消化器系疾患全般や甲状腺、乳腺の疾患です。
 体への負担が少ない鏡視下手術も行っています。また、各専門外科分野(呼吸器、循環器、癌治療など)では、高次病院の医師と連携して治療を行う事もあります。このほか、事故による怪我や、まむし咬症や蜂刺傷など、救急医療における全身管理なども行っています。
 毎日のカンファレンスで、全ての外科患者さんの情報をスタッフ全員が共有し、地域であっても均質で高度な外科治療を提供できるよう努めております。 
 
 
院長 大谷 順(オオタニ ジュン)
【略歴】
1985年 島根大学医学部卒業
医学博士(岡山大学大学院医学研究科外科学第二講座)
 
【有資格】
日本外科学会指導医(外科指導医)、日本プライマリ・ケア学会認定医/指導医(総合診療指導医)、日本静脈経腸栄養学会指導医
 
【一言】
外科手術だけでなく、術後の回復を助けたり、病状の悪化を防ぐ栄養管理の研究もしています。食事や栄養に関するお悩みもお気軽にご相談ください。
 
 
 
 
 
副院長/診療局長 森脇 義弘(モリワキ ヨシヒロ)
【略歴】
1987年 横浜市立大学医学部卒業
医学博士(横浜市立大学大学院医学研究科外科学第二講座)
 
【有資格】
外科専門医/日本外科学会指導医、消化器外科専門医、日本消化器外科学会指導医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医/日本消化器内視鏡学会指導医、救急科専門医/日本救急医学会指導医、漢方専門医、日本プライマリ・ケア学会認定医
 
【一言】
症例も指導体制も不十分ですが、私にとっては、縁のない言葉も通じない土地で、過去の実績も通じない環境で、これまでと異なった仕事ができる事は、大リーグへの挑戦に匹敵する楽しみです。
住民自身が雲南共存病院を造り、今日まで支えてきた力と期待を感じます。
 
 
 
 
外科医長 奥田 淳三(オクダ ジュンゾウ)
【略歴】
2008年 島根大学医学部卒業
 
【有資格】
日本プライマリ・ケア連合学会/家庭医療専門医修練中
 
【一言】
「人事を尽くして天命を待つ」尽くせる人事の幅を広げ、腕を磨き、地域の皆さまのより良い人生の一助となれるよう精進しています。 
 
 
 
 
外科医長 象谷 ひとみ(ゾウタニ ヒトミ)
【略歴】
2009年 島根大学医学部卒業
 
【有資格】
外科学会専門医修練中
 
【一言】
求められる医療を提供できるよう、色々な職種と協力しながら治療していきます。 
 
 
   
( 2016-07-15 ・ 279KB )
 

整形外科

整形外科
 

皮膚科

皮膚科
 
皮膚科部長 大藤聡(オオフジ サトシ)
【略歴】
1991年 徳島大学医学部卒業
1997年鳥取大学医学部博士課程卒業
1997~1999年米国ラズウェルパーク癌研究所客員研究員
 
【有資格】
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本外科学会認定登録医、日本医師会認定産業医、死体解剖資格(厚労省)
 
【一言】
皮膚科診療の進歩に乗り遅れないよう日々努力しています。特に、皮膚科光線療法や金属アレルギーへの知識を深めていきたいと考えています。
3人の子どもの父親でもあります。趣味は登山とキャンプです。税と社会保障が変わる結果、医療福祉が今後どうなっていくのかに関心を寄せています。
 
 

地域ケア科

地域ケア科
 
平成28年4月から新設されました新しい科です。病院での総合診療を担うとともに、入院患者さんの希望に答えながら、病院入院から在宅医療までを一貫して担当させていただきます。
地域の開業医院の先生方や地域保健機関の方々のご協力をいただきながら、病院からの在宅医療を行っていきます。また医学教育にも力を入れ、研修生とともに成長していける科を目指しております。
   
地域ケア科部長/健康管理センター副所長 太田龍一(オオタ リュウイチ)
【略歴】
2010年 大阪市立大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立中部病院
2012~2015年 沖縄県南大東診療所所長
 
【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医/指導医、日本内科学会認定医、禁煙学会認定医
内科専門医習練中
 
【一言】
初めまして。地域総合診療科、内科医長、地域ケア科部長と兼任しています、太田龍一と言います。今年度、沖縄県から参りました。専門は内科を中心として家庭医療/プライマリケアです。小さなお子さんから、ご高齢の方々の医学的な問題に幅広く対応すべく、日々自己研鑽を行っております。どんな症状でもお気軽にご相談ください。誠心誠意対応させて頂きます。
 
 
 
地域ケア科医長 笠 芳紀(リュウ ヨシノリ)
【略歴】
2010年 長崎大学医学部卒業
初期臨床研修 沖縄県立南部こども医療センター
2012~2014年 沖縄県立西表診療所所長

 【有資格】
プライマリケア・家庭医療専門医(取得予定)、日本在宅医療学会専門医修練中
 
【一言】
地域総合診療科、内科医長、地域ケア科医長と兼任しています、笠芳紀と言います。
地域のセーフティネットとして求められる役割を果たしていきたいと思います!
 
 
雲南市立病院
〒699-1221
島根県雲南市大東町飯田96-1
TEL.0854-43-2390(代表)
FAX.0854-43-2398
------------------------------
診療時間
■新患受付時間 8:30~11:00
■再来受付時間 7:15~11:00
■診療開始時間 8:45~
※詳しくは、
診療案内外来診療担当表をご覧ください。
■休診日 土日・祝日・年末年始12/29~1/3
尚、急患の方はお問い合わせください。
■面会時間 7:00~21:00
------------------------------
■診療科
内科・循環器内科・神経内科小児科・外科・整形外科・脳神経外科・産婦人科・耳鼻咽喉科・眼科・泌尿器科・麻酔科・皮膚科・放射線科・リハビリテーション科・精神科
------------------------------
医師・研修医・看護師の皆様を随時募集しております。
地域医療を担う一員として、いっしょに当院で頑張りましょう!
------------------------------
qrcode.png
http://unnan-hp.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!
266780
<<雲南市立病院>> 〒699-1221 島根県雲南市大東町飯田96-1 TEL:0854-43-2390 FAX:0854-43-2398