本文へ移動

職員の新型コロナウイルス感染について

新着情報

職員の新型コロナウイルス感染者の発生について

2021-02-23
NEW

新型コロナウイルス感染者の発生について

 

当院におきまして職員から感染者が発生しました。皆様には、多大なご不安とご心配をお掛けしていることにつきましてお詫び申し上げます。

感染した職員は、新型コロナウイルス感染症の入院患者を受け入れる病棟に勤務する職員であります。2月20日に倦怠感や頭痛などの症状が発生し、翌日以降も症状が続いたため、22日に当院においてPCR検査を実施し、陽性が判明いたしました。これを受け、21日の夜から23日午前中までに同じ病棟に勤務する職員や接触のある職員及び、当該病棟に入院中の患者さんに対しPCR検査を実施し、すべて陰性であることを確認しております。

当院におきましては、感染防止対策には十分配慮し細心の注意を払いながら対応しておりました。しかし、職員から感染者が出ました事につきましては重く受け止め、今後より一層の感染防止対策に努めて参ります。

この職員は他の部署での勤務実態は無く、当該病棟以外の患者さんとの接触も無いことから、外来及び入院診療は通常通り行います。当該病棟につきましては、新規入院患者の受け入れを停止しており、再度感染対策をしっかり講じた上で再開したいと考えております。

今後、職員に対する感染防止対策の再教育を行うと共に、新型コロナウイルス感染症に対する管理体制を検証し、患者さんの信頼回復に努め、雲南圏域の中核病院としての役割を果たしてまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。
  最後に、職員の人権尊重と、個人情報の保護にご理解とご配慮をお願いいたします。

令和3年2月23日
雲南市立病院 院長 西 英明
TOPへ戻る