本文へ移動

新型コロナウイルス感染症対策について

マスクの着用について

マスクの正しいつけ方のポイント

正しいマスクの着用方法を身につけ、感染予防に努めましょう!
  • マスクをつける前にしっかり手洗いをする
  • マスクの表、裏を確認する
  • マスクを鼻の形に合わせ、隙間を防ぐ(鼻が出ないように)
  • マスクを下まで伸ばし、顔にフィットさせる
  • 不織布マスクは使い捨て
  • 使い終わったマスクはビニール袋に入れ、口を閉じて捨てる

正しいマスクのつけ方(厚生労働省)

厚生労働省による「正しいマスクのつけ方」の動画です。
新型コロナウイルス感染予防のため、正しいマスクのつけ方を確認しましょう。
【出典:政府インターネットテレビ】

新着情報

人間ドック・各種健診について

2020-05-08
人間ドックを再開します(制限あり)
1.人間ドックの再開について
新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、人間ドック・各種健診を中止しておりましたが、5月11日(月)から再開することとしました。
ただし、受入れ再開は既に予約していただいた方のみで、新規申し込みは引き続き中止いたします。
 
2.胃の検査について
5月11日より、当面、胃内視鏡検査(胃カメラ)は中止し、胃透視(バリウム)のみといたします。
胃透視ができない方は下記連絡先までご連絡ください。
感染拡大防止のため、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。
  ↓
6月1日より、胃内視鏡検査(胃カメラ)を再開しました。
お願い
下記の症状のある方は来院をお断りしております
来院され、保健師による問診などで体調不良と判断した場合は中止させていただきます。
 
  • 発熱、のどの痛み、せき、鼻汁などの風邪症状のある方
  • 強い倦怠感や息苦しさがある方
  • 明らかな誘因のない味覚症状、嗅覚症状がある方
  • 明らかな誘因がなく、4、5日続く下痢などの消化器症状がある方
  • 発熱の有無にかかわらず、解熱剤や総合感冒薬を服用されている方
  • 直近1か月以内に海外渡航歴がある方
  • 新型コロナウイルスに感染された方やその疑いがある方と接触した可能性がある方
 

連絡先
雲南市立病院 健康管理センター 保健推進課
 TEL 0854-47-7510

電話による診療開始について(附属掛合診療所)

2020-04-17
附属掛合診療所においても電話による診療を開始します
■対象者
慢性疾患等により当診療所 内科・整形外科で定期的に通院し処方を受けている方
ただし、主治医が外来での診察を必要と判断した場合は、電話診療での処方箋の発行はいたしません。
 
■受付時間
平日午前 8:30~11:00
月・水・木曜日の午後 1:30〜3:00

主治医の外来診療日のみ(外来担当表を参照ください)
・診療予定日の前日までにお願いします
 
■連絡先
TEL 0854-62-0135
・「電話診療希望」とお伝えください
ご確認の上、ご連絡くださいますようお願いします

市民の皆さまへ

2020-04-14
雲南市長からのメッセージ
県内で新型コロナウイルス感染症の陽性者が松江市内において集団発生し、今後の感染者の増加が予想されています。更に、この状況下におきましては、今後、雲南市内から感染者が発生することも十分想定されます。
よって雲南市立病院におきましては、受け入れ態勢を整えておくため、一つの病棟を新型コロナウイルス感染症患者対応病棟とする準備を進めて行くことにいたしました。そのため、やむなく新規の入院患者の受け入れを制限することもありますので、ご理解いただきますようお願いいたします。
 
また、外来診療及び救急外来は通常通り診療いたしますが、感染拡大防止の観点から、希望される方には電話診療を実施いたします。
なお、感染防止には万全な体制にて努めて参りますが、万一院内感染が発生した場合は、外来診療は当面の間休診いたします。
雲南市立病院は自治体立病院であり、このような非常事態にも対応することが求められています。医師・看護師を始めとする市立病院の職員は、自治体立病院の医療従事者としての責務を持って、診療及び看護に当たって参りますので、皆様には特段のご理解とご協力を賜りますようお願いいたします。
 
また、感染発生地域の中には、必死に診療に当たっている医療従事者及びその家族に対し、全国的に言われなき偏見や、インターネット等を介しての誹謗中傷などが見受けられます。市民の皆様におかれましては、決してこのような言動がないようお願いいたします。

令和2年4月13日
雲南市長 速水 雄一

里帰り分娩をご希望の方へ

2020-04-03
里帰り分娩をご希望の方は必ずお読みください
  1. 県外から当院への里帰り分娩をご希望の方は、受診前に必ず当院産婦人科へお問い合わせください
  2. 里帰り後の受診は、原則、帰省後14日間の自宅観察期間を置いてください。やむをえない事情により観察期間がとれない場合にはご連絡ください。
  3. 持病をお持ちであるなど、厳重な対応を要すると考えられる方は、帰省せず、かかりつけ医での健診、分娩対応が望ましい場合がございます。主治医とよく相談してください。
  4. 里帰り分娩で直接診察に来られた方は、帰省時期を考慮し一旦お帰りいただき、自宅待機をお願いする場合がございます。ご了承いただきますようお願いいたします。
TOPへ戻る