本文へ移動

感染防止対策部門

 医療機関には、実際の診療や検査とは別に感染症の蔓延を予防する目的で作られる感染防止対策部門という院内組織があります。
当院でも病院全部署が関与する感染防止対策委員会があり、毎月1回開催しています。
その管理のもとで感染防止対策の実働を担う、多職種(医師、看護師、検査技師、薬剤師、事務員)で構成される感染対策チーム(ICT : Infection Control Team)があります。
ICTは日々の感染に関わる問題解決と、医療を提供する場にいる患者・家族・訪問者や医療従事者など全ての人を感染から守るための活動をしています。
TOPへ戻る